飽きが性欲減退を招く?

性行為の飽きや、長年連れ添ったパートナーへの刺激の少なさが性欲減退を招く?

性欲減退には様々な要因が考えられますが、病気でなくても性欲減退に陥る可能性があります。 それが性行為に対して飽きが来る場合です。
年齢に応じて性欲が減退するのは避けようがないですが、それ以上に性行為に対する飽きが性欲減退の理由として存在します。長年連れ添ったパートナーとの性行為は長年お互いを知り尽くしてしまっている以上、刺激が少なくなるので、性行為もただの作業としての側面が強くなります。

このため行為に対して苦痛を感じ、性欲減退へと繋がります。 この場合セックスレスになったとしても生殖能力自体に異常はなくふとした切っ掛けで性欲が再燃するのが特徴です。

男性の場合、体に異常さえなければ50代でも60代でも性欲は存在し、新しい刺激を得ると水を得た魚のように復活します。しかし、最も手っ取り早い新しい刺激は別の女性との交流であり、これがしばしば浮気や不倫に繋がるため注意しましょう。

特に長年家庭が円満だったのがたった一度の浮気で破局に陥る話は事欠かないため気を付けましょう。 普段の性行為が淡泊だと感じたら普段と違った趣向を凝らし新しい刺激を取り入れると飽きが来なくなります。


ページの先頭へ